くまさかのこだわり

人と人との付き合いを最も大切に

くまさかは、古くからやっている実績を買って頂き、今まで大変多くのお客さま、お取引先に選んでいただいてきました。
『人と人との付き合いを大切にしていきたい』というくまさかの想いが、お客様に誠実に、いい仕事をするということに繋がっています。
もうかなり以前のことになります。斜め向かいのおじいちゃんがなくなってしまった時に、勝手に入って、障子を直して・・・ということをさせていただいたのは懐かしい思い出です。
そういったことは今はできないのですが、既成概念にとらわれずにお客様の気持ちになって行動し、お客様から喜ばれることを意識していきたいと常に心にとめております。

くまさかに頼めば間違いないという仕事を

特に、元請けのお客様には、丁寧な仕事を一番評価していただいています。
機動力を生かして厳しい工期の中でも最高水準の仕事をするよう、常に心がけております。
そして、創業当時からの技術に信頼を寄せて頂き、多くの和室づくりのお手伝いをさせて頂いてきた中で、わかってきたことがあります。
それは、手間暇を惜しんではいい仕事はできない。いい仕事には、必ずきちんとした適正価格があるということです。
くまさかが施工をする際には、きちんと仕上がるまでに省いていい工程や作業はありません。
どれか一つでも欠ければ、くまさかの提供できるベストの仕事にはならないのです。
必要最低限の施工を適正価格で行うため、他社に比べてくまさかの見積りが高い場合もございます。
くまさかに頼めば間違いない、という信頼のもとに、値段ではなく仕事を見てくまさかを選んでいただけるのは大変うれしいことです。その信頼に応え続けるためにも、常に精進して参ります。

技術があるのは当たり前、それ以上のサービスを

くまさかは、昭和元年に創業し、もとは襖を中心に取り扱っていた歴史ある会社です。
創業時から多くのお客様のお宅を施工させていただく間に、
他の会社にはなかなか真似のできない技術を継承していると自負しております。
そこから時代に合わせて和室専門リフォーム、襖張り替え、障子張り替え等を行うようになり、
今でも昔からの確かな技術で施工をさせていただいております。
リフォームは、家を綺麗にするだけではありません。
神は細部に宿るという言葉もあるように、襖や障子などの施工は見えない部分に手間をかける丁寧な仕事が後々見た目の差になって如実に表れてきます。
そうやっていっそう綺麗に仕上がった襖や障子を喜んでもらえるのは、とても嬉しいことです。
また、お客様に施工前、施工中、施工後のアフターフォローまで、サービス業として質の高い仕事をしていけるように心がけております。